屍鬼(小野不由美)の感想。

小野不由美著『屍鬼』
すっごく嵌りました!!
上下巻に分かれている上に、辞書並みに分厚く、中は2段に分かれている本なので、最初は読まずにいました。
しかし、SIRENファンとしては、この本を読まずして、SIRENを語るべからず(笑)なので、夏休みを利用して読んでみました。

面白すぎる・・・!!

これは面白すぎるぞ!
なんで今まで読まなかったんだ、わたし!!
オススメです!!
SIRENが好きな人は読むが良い←何様だ、己は(○°Д”°)≡○´∀`))

ネタバレOKで、本の内容が気になる方は、続きをどうぞ。
感想&好きなところ4P漫画がございます。
(セリフは全部ちゃんと載っています。)

重い上に汚いですが、どうぞ。
siki1

siki2

siki3

siki4


キャラはイメージです。
本に詳しい描写が載っていない&挿絵がないので、妄想は止まらない(笑)。
キャラ説明。
敏夫・・・町唯一つの病院の院長。ニヒリストでカッコイイ32歳。私は彼に惚れましたVv
静信・・・町の権力者の一人で、坊さん。小説家でもあり、敏夫の幼馴染。
夏野(2・3Pに出てきた茶髪の方)・・・村への新参者。クール。漫画の中で夏野が刺そうとしているのは杭です。
徹(同じく黒髪のほう)・・・夏野兄貴分。とにかく頼れる兄貴です。
原作では、夏野×徹を押しているのかと言うくらい、この2人は絡みます。
BL系でもいけるんじゃ・・・(汗)。

因みに、貴皇さんは、
辰巳×敏夫、静信×敏夫、徹×夏野が好きです。
はい、またマイナー(笑)。
仲間がいたら語り合いましょう!!
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

TAG : 感想

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)