【城建築2】マイクラ建築士になりたい

おはこんばんちは!
蚊取り線香の香りに、夏が来たんやなぁと実感している貴皇です。


マイクラ洋風の城建築が完了しましたので、お披露目です!


城の頂上からお送りいたします。
ども。貴皇の建築用フェイズ『きお』さんです。
趣味は橋建築。特技は爆破。天敵はたくみんです。

では早速、完成したお城です。

全体像、正面からです。
入口は一つのみになります。
いざ戦いになった時は、完全な籠城戦を想定してあり、門の柵は二重になっています。

この噴水は円と線で構成されていて、上と前は円状に、後ろは線上に水が落ちていきます。
ちなみに、噴水の後ろは通路になっていますが、通れませんww
その内、通れる通路にするかもしれないけど、今は良いかなぁ。


右上から。
城壁に囲まれて、本殿があり、そこの手前側二つの塔が兵士が居る一般区域、その奥の正面玄関とエントランスを通った先が皇族が生活している居住区になります。
太い柱になっている上が繋がっていますが、こちらは奥側からしか上がれず、居住区になります。
一般区域とは完全に隔離されています。
居住区の中央の高い塔が王様がいる…という設定の奥の院的な所です。
はしごでしか上がれないので、実はとても使いずらいというww
上層階だけで生活できるように、すべてが詰まった3階建ての離れになっています。


裏側から。
川が通っているので、こちら側は橋になっています。
出っ張っている長い橋の所が礼拝堂になっていて、日の出などが見られるスポットです。
その左右にある居住区の太い柱の一階部分は、それぞれ吹き抜けの大広間になっていて、食事ができるホールとダンスホールに分かれています。
壁は総ガラス張りで朝焼けや月が昇る所も見られます。

次回は残りの外観と説明、それが終わったら内装の説明です!

スポンサーサイト